先輩インタビュー

先輩の声


配管工 深澤 幸太

田原組への入社を決めた理由

前職の給料面で悩んでいるとき、友人に相談したところ「良い会社」だと紹介してくれたきっかけがあり、田原組への転職を決めました。
給与面だけでなく、入社後に感じた会社の好きなところは、人間関係がとても良く楽しい会社である点です。また、社員の成長を応援してくれる会社であることです。

どんなときにやりがいを感じるか


自分が製作した配管が、現場にキレイに取り付けられた時にこの上ない達成感を感じます。
組み合わせが複雑だったり、角度調整が難しい配管製作が上手くいったときにも一段と成長できたような気持ちになります。
また、入社から数年経ち後輩スタッフもいるなかで上手くチームをまとめられた時にも、また別のやりがいを感じています。

これからの目標は?

まずは親方になること。そして頼りになる存在になること。
そのために、目の前のお仕事からコツコツと経験を積み重ねていきたいと思います。


溶接工 藤ノ木 雅史

田原組への入社を決めた理由

小さい頃からモノを作ることが好きで、モノづくりの仕事に就きたいと思っていた時に、経営理念として「ものづくりに情熱を…」と掲げているこの会社に出会い、入社を希望しました。

どんなときにやりがいを感じるか


図面を見て、自分で材料の手配から始め、切断や加工をしながら組み立てていき、一人で完成までもっていけた時にやりがいと喜びを感じます。
大きな声で「できたー!」と喜ぶ…ということはありませんが(まわりで作業しているスタッフがびっくりすると悪いので)、心の中で思いっきりガッツポーズしています。
また、社員同士の距離が近く、助け合い、なんでも相談でき、時には意見がぶつかることもありますが、お互いに信念が一致しているので最終的に笑顔で仕事を終えることができる社風もとても好きです。

これからの目標は?

まだまだ先輩に頼ることが多いので、自分に自信をもち信頼されるスタッフになることです。自分にも後輩が増えてきたので、頼れる先輩になれるよう日々努力したいと思っています。


溶接工 服部 来香

田原組への入社を決めた理由

溶接の仕事がしたいという夢があり、様々な溶接作業を請け負っているこの会社を選びました。また、合同企業説明会にて色々説明を聞いていた中で、社内の雰囲気が良いことが伝わってきて一緒に働きたいなと思いました。

どんなときにやりがいを感じるか


自分で図面確認からキザミ、組み立て、溶接、仕上げまで一人で作業することができたときにやりがいを感じます。
時には悩むこともありますが、上司や先輩社員さんが自分ごとのように悩みを聞いて相談にのってくれるので、そういう時は本当にこの会社に入社できて良かったなと思います。

これからの目標は?

たくさん溶接の試験を受け、資格を取得することです!工場内で唯一の女性スタッフですが、大きな戦力となれるよう日々成長していきたいです。
私の姿を見て、溶接工を目指す女の人が増え、この会社に入社してくれたら嬉しいなと思っています。



このページのトップへ